FC2ブログ

おきらくママ日誌

6歳の娘の観察日記(笑)日々の楽しみやお小遣い稼ぎ、お買い得情報も交えておしゃべりしてます。遊びに来てね。

雨の土曜日。
ちょっぴり早く出発して、一緒に歩いていくことにしました
まっふぃーは、ママの保育園経由で学童に。
「ちゃんとママを見送ってから学童に行くから」って。どっちがなんでしょうか(笑)

このごろ叱られることもあります。
食後にお菓子を食べていると、「ママ、そんなに食べたらお腹痛くなるよ」って(笑)


普段、自転車で1分を惜しんで(笑)ぶっとばしていく道も、まっふぃーと手をつないで歩くといろんなものが見えてきます
アジサイの花を愛でたり、水の滴る筋の苔を気持ちわるがったり(笑)
大人だけでは見つけられない発見もありました。

ママの保育園を柵越しに「ふーん」と眺め、
「ママが門を通ったら出発するからね、いってらっしゃーい」とお見送りしてくれたまっふぃー。

ぐっと大人びてきた感じです。

今週は土曜日出勤があって二人とも頑張っているので、帰りは久しぶりにお迎えに行ってその足でコンビニでアイスでも買おうねってお約束。(最近はほとんど一人帰りしてくるので)

お迎えに行くと、最後のひとり。
予想はしていましたが。二人の指導員さんを独り占めして、うれしそうに何か作っていました。
七夕の飾り「あまのがわ」です。上手に作れて、口々に褒められて恥ずかしそうなまっふぃー。

指導員さんからも、普段の様子や、夢中になってるゲームなんかも見せてもらって楽しいひと時でした。
「たくさんお話してくれるんですよ、かわいいですね~」「優しいんですよ~こんなこと言ってくれるんです」
っていろいろ聞かせてくれました。
IMAG1225.jpg
こちら学童で作った「あまのがわ」
もうすぐ七夕かぁ

二人で手をつないでコンビニへ~
こうして手をつなげるのも何年生までかな。まだふわふわした手がかわいくて、何だかキュン
IMAG1158.jpg IMAG1165.jpg
同じ木から色が違うお花が咲いてる~って発見。
赤い花の中央部分がピンクのと黄色のがあるんです

公園によって鉄棒披露。
IMAG1173.jpg IMAG1169.jpg IMAG1175.jpg
IMAG1176.jpg IMAG1168_201507040956235a7.jpg



まっふぃーに「ママがお仕事変わって一緒にいられないの、さみしい?」って聞いたことがあるんです。
まっふぃーは
「さみしいよ。でも、ママが好きな仕事をしているから私も頑張れるよ」って。

仕事量が多くなり、提出物、期限、会議、発表とバタバタ続き。
仕事もしなくちゃ、まっふぃーを長く待たせないように早く帰らなきゃ。って

忙しさの中で「好きな仕事」であることを忘れがちになっていた今日この頃。
まっふぃーにはいろいろ教えてもらうことが多いです。



おまけですが、
先日は、すごくくだらないことで大笑いしました。
まっふぃー「ママ、(お留守番40分できた)私、今日、何点?」
ママ「う~ん、千兆点かな」思いつく限りの大きい数字です(笑)
ふたり「…船長」敬礼!!

最後がぴったり合ってね。
それはそれは大笑い(=^・^=)

笑うっていいですね~
ほっと一息の瞬間でした。

いろんなことをがんばってるまっふぃー。
私もちょっといっぱいいっぱいだったんですけどね。
今は一緒にいる時間を増やすのはちょっと無理だけど、一緒の時間を濃く、楽しく過ごしていこうね~❤

もうすぐ夏休み
まずは帰省かディズニーか!!
あっつい夏よ、ばっちこーい(笑)

スポンサーサイト



コメント

記事を読んで、胸があたたかくなりました。

大人って忙しいことが多いから大事な事を忘れがちになっちゃいますが、それを気づかせてくれるには子供なんですね!

まっふぃーの中では、さみしい時もあるけど、
ちゃんと自分の事を見てくれているママがいるの知ってるんですね!
だから頑張れる!

素敵な家族ですね!うらやましい!
2015/07/07(火) 10:31:30 | URL | 黒豚 #- [ 編集 ]
Re: 黒豚さん
黒豚さん。ありがとう。

ホント子どもに教えられることって多いですね~
子どもの気持ちを忘れない大人で居たいものです。

まっふぃーの思考回路は時々どこを通ってきたのかわからない時がありますけどね(笑)
2015/07/11(土) 14:52:21 | URL | おきらくママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mahmie6.blog.fc2.com/tb.php/727-97c9004f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック